スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸事情あって

おともだちと一緒に手芸市など参加するグループに名前をつけ、ブログ開設しまして。
その関連で、このブログも移転というか、これからは下記にて更新していこうかと思っております。
ログを移すかどうかは検討中です。
サラでのスタートってのもいいかなあなんて。
ま、タイトルも内容も変わらないんだけどね。

http://blog.livedoor.jp/emii9-sobs/
スポンサーサイト

さてと

夏休み中はなにもかもストップ。
次男の防災ずきんカバーを作り直さなきゃいけないのに、朝イチでプール連れてったらもうそのあと動けないー
習い事への送迎や家事だけで、もういっぱいいっぱい。
そうこうしてるうちに、わたしの夏休みは終了。
周囲に比べたら長めなのになあ。もったいない。

あ、でもおかげさまで右手の炎症は治まったようです。
と思ったら四十肩キターだったのですが、子供つれてプール行ってたらだいぶ治まってきた。てことは四十肩じゃなかったのか?

さて秋のハンドメイド市シーズン。

[ 続きを読む » ]

微妙に治らない

痛めた右手、どうも完全復調とはならないようで。
がんがん編むには心許ないけど、何もしないでいるにはもったいない(とか言ってる場合じゃないでしょ)。
それ以前に、子供たちが夏休み突入して、やってる時間もないんだけどね。

縫い物はできるけど裁断がかなり親指に負担かかるのよねー。
編み物(夏糸)は言わずもがな。

手芸というだけあって、手に負担がかからないものはないのよね。

…夏糸じゃなければ、ちょっとくらい編んでも…
痛い最中ならダメだけど、今くらいなら刺繍とかどうだろ…
すずらんテープほど力使わないはず。

ってダメよねー。
はあ。

後悔先に立たず

はははーやっちまいました。
勢いにまかせてスズランテープ(の、パチもん)編んでたら、右手親指らへんがどうも痛い。
それでもだましだまし編んでたけど、いやこれちょっとなんかヤな予感するよ、とようやく自粛モードに入って、寝るときは湿布貼って編み物はお休みしてたけど、うーん、痛みがとれない。
早く再開したいがために、整形外科に行ってまいりました。

腱鞘炎ではなかった。
親指付け根の関節炎らしい。
先生指定の湿布貼って痛み止め飲んで3日経ったら再診だってさ。

正直、痛みはたいしたことない。
編もうと思えば編めるくらいなんだけど、なんかヤな気配。
あれこれやりたいことはいっぱいある。
スズランテープバッグもあと3つくらい編みたいし、9月にイベント的なものがあるかもしれないから、それに向けて新作試作したい。子供にしばらく使わせて構造的に無理がないかを確かめたいから、試作は早いに越したこたーない。
10月にはまたワークショップやるから、いろいろとブラッシュアップしたい。
あれこれやりたいからこそ、休もう。
休んだからってよくなる保証はないけどな!

あと2日!

14362440190.png

ローカルイベント、終了しました。
販売はいつもと変わらず。
初の試みだったワークショップは…いやー、かなり行程を簡素化したから「これでワークショップなんて言えるのかしら」ってちょっと心配してたんだけど、あれこれ選んだり願い事をカードに書いたりするだけで、かなりの時間が必要で。
中には願い事を書くカードを目の前に、固まっちゃう子もいたり、いつまでもいつまでもシールを貼り続ける子がいたり。
不慣れなせいか、一人捌くだけでもいっぱいいっぱい。
ワークショップってやっぱり大変だわ。

でも、一生懸命願いを込めて作ったお守りを最後に袋に入れて「願い事が叶うといいね」と言いながら渡すと、皆、何ともいえずいい笑顔を見せてくれて、かわいかったよ。
ブラッシュアップして、またやります。


さてそれでイベント終わって、スズランテープバッグをまた編んでいます。

14362436900.png

あとすこしで完成。
でも自分で持って出るにはちょっとなあ。
編みかけ入れにしようかな。

スズランテープバッグ、なかなか楽しい。
何よりコストパフォーマンスがすばらしい。
エコアンダリヤは高いんだものー。ひと玉の巻きが短いし。
しかも失敗してほどいたときにスチームかけるのも面倒だし。
いいねスズランテープ。

マルシェバッグひとつと、このトリコロール・バケツ(w)で、青は一巻き終わりそう。
そしてお約束ですが、編むより早く買ってしまうw
ピンクはまるまる一巻き、赤が半分残っているけど、紫と白を買ってきちゃったよ。
シルバーとゴールドも編んでみたいなあ。
その前に私の手首が死んでしまわないことを祈る(いや、自制しろよ)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。